お金儲けしている人は意外にも〇〇だった

スポンサーリンク

お金儲けしている人の大学の学部について

お金儲けするために大学に入ろうと思っています。1番お金持ちになれる学部って何でしょうか?親に相談したら、大学なんて、お金儲けに関係ないよと言われました。でも金儲けのことを考えて大学でも一生懸命勉強したいと思っているんです。

農学部なんかどうかなと思ったんですが、お金儲けに1番役立つ学部では無いですよね?自分の好きなことよりも、将来に役立つような、できれば金儲けできるような大学を選びたいんです。

お金儲けしている人は意外にも低学歴?

やり方によっては、どの学部であっても金儲けができますよ。

農学部であっても、最近は、生物工学とかいろいろ金儲けに関連のある勉強ができる学部だってあります。ベンチャー企業がこれから農業を再編するために、そういった技術や知識がある人を左右するでしょうしね。これから大変な勢いで成長していくことだって考えられます。でも結局は、あなた自身のアイディアや、学力や、能力。そういったもの次第でお金儲けができるかどうかわかると思いますよ。

金儲けに直結する学部は、医学部ではないでしょうか?

お医者さんになれば、ある程度の収入は、簡単に稼ぐことができますね。しかし、医学部に入るには、数千万円単位の授業料が必要になりますから、もともとお金がある人じゃないと入れないですよね。お金持ちの家庭はいつまでもお金持ちと言う典型例だと思います。

あと、意外なことに、お金儲けがうまい人って、中卒の人とか高卒の人が多いですね。

どの国でも、お金儲けが上手な人は、意外と学歴が低かったりします。上場企業の経営者であっても、日本だと、日大が多いみたいです。

ある調査によると、お金持ち100人の学歴を調べたところ、7割以上が高卒らしいですよ。さらに、なんと中卒が1割もいるみたいです。そして三流の私立大学の卒業者が1割位。有名な私立大学や、東大や京大などの人であっても、お金持ちの人を集計してみると少ししかいないみたいです。

お金儲けがうまいって事は、自分で起業して、自分のビジネスで金持ちになったとわけですよね。そういう人にとって、大学で何か学んで成功したのではなく、ビジネスの才覚があると言うことだと思います。

それに、ロシアとかドバイとか、シンガポールとかにもお金持ちって多いですよね。でも、だいぶ前には、貧乏な国家として有名ではありませんでしたか?

こういった国のお金持ちは、子供の頃特に教育を受けていたわけでは無いでしょうし、やはりハングリー精神やアイディア次第で、金儲けのできる人は自然にお金持ちになっていくんだと思います。

またお金儲けができる産業ってあると思うんですよ。

それは、エネルギー資源や、不動産が多いですね。ですからこういったエネルギー資源や不動産に関する知識やアイディアがあれば、お金儲けに有利になるのだと思います。

いずれにせよ、有名な大学を出て、勉強して、会社に入ってお金を儲けようと言う考え方など、年収800万~1,000万円位まではいけるかもしれませんがそれ以上にお金を儲けようとするのは難しいと思います。

医学部を卒業して、一緒になって、自分で開業して、かなり成功したとしても、せいぜい年収で言うと3千万円位ですよ。ですから大金持ちと言うほどでは無いですよね。そういったところから考えても、大学を卒業して金持ちになろう。大学で学んで金儲けをしようと言うのは、発想として変だと思います。

大学に行ってもらうのは良いことだと思いますが、それで稼ごうとするより、どうしたら世の中でお金が稼げるのか、考えている時間をとったほうがいいですよ。少しでも社会に触れて、アルバイトをして、バイトで終わるのではなく、どのようにお金が回っているのか観察したり、どうしたら、喜んでお金を払ってくれる人間になれるのか。

そういったチャレンジをする時間を、大事にしてほしいです。若い人だったら、若い時の苦労ってとてもお金持ちになるきっかけになったりしますね。

大富豪の人って、大抵若い頃の失敗や、苦い経験を生かして、お金儲けに成功しています。ですからどこかの大学で教えてもらおうと言うよりは、失敗してもいいからいろいろチャレンジしようといったような精神が、結果的にお金持ちになる素地を作るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする