〇〇で、何もせずお金を増やし不労所得を得る

スポンサーリンク

〇〇で、何もせずお金を増やし不労所得を得る

働きたくない、何もしたくないと言う人にとってお金そのものを増やすと言う考え方はとても大事です。ある程度の元手がある人は、あなた自身が働かなくても、特に何か儲ける活動しなくても、お金自身が働いてくれると楽ですよね。

お金を運用して、その運用による利益を得ると言うのは、簡単になりました。お金が入ってくる仕組みなので覚えておくといいと思います。

そんな中でも1番オススメなのが、個人向け国債。

1番オススメな個人向け国債

国債とは、日本の政府がお金を得るために、発行する「借用証書」のようなものです。日本の政府が、一人一人の国民からお金を借り、国の政治、行政サービスをするために使っています。国債は、その国債を買って満期が来ると元本とともに、利息をもらうことができます。

基本的には元本保証なので、リスクが無いというのが嬉しいところです。

株式投資やFXみたいなものは、元本保証はされませんよね。リスクがあるので、チャレンジするのは怖いと言う人も多いと思いますが、個人向け国債なら元本保証です。

なので、今もっているお金を絶対に減らしたくないと言うタイプの人は、個人向け国債はとてもお勧めのお金の増やし方だと思います。

個人向け国債は10,000円単位で買うことができます。ですから、少しのお金しか投資に回せない人も、個人向け国債が向いていますよね。

さらに、日本と言う国が発行している債権です。ですから、世の中にあるどの投資方法より安全といえますよね。1番リスクの低い投資ですから、小心者の人にもできると思いますよ。

そして繰り返しになりますが、元本が保証されていますから、債権を買った後に、1年位が過ぎていれば、途中で解約をしたとしても、元本をとられてしまう事はありません。

個人向け国債は、商品として、10年後満期とするものがあります。さらに、3年と5年を満期とするものもあります。10年満期のタイプは変動金利です。3年と5年を満期とするのは、固定金利制です。

このようにあらかじめ満期が決まっていると、計画が立てやすいですよね。

例えばマイホームを買いたいとか、子供の教育費が必要な時期とか、大体何年後にいくら必要っていうのがあらかじめ決まっていますよね。

ですからその時期に合わせて満期になるように、個人向け国債を買っておき、満期が来たら返金してもらって、利子とともに、そのお金を使うことができます。

手続きもとても簡単です。金融機関(銀行とか)や証券会社などで簡単に買うことができます。

こういったところで買えば、後は満期を待つだけ。株式投資のように動向をチェックしたりする必要はありません。

資産を運用するのが慣れていない人、小心者で元本割れのリスクを背負いたくない人には特にオススメです。

でも、将来は国の財政が絶対破綻しないと言い切ることはできませんよね。何が起こるか分からないと言うのがこの世の常です。

かつてセンチやブラジルの国が破綻して、国債の債務が不履行になりました。こういった状態になる恐れがないと言えません。ですから一応世界経済を含めた国の動向チェックしておく必要があると思います。

個人向け国債のメリット

  • 少ない金額から始められます。
  • 日本国政府が発行本です。そのため非常にリスクが低いといいます。元本割れのリスクが乏しいです。

個人向け国債のデメリット

  • 万が一日本国が破綻してしまえば、債務不履行になる
    もし途中で解約したら権利にペナルティーが課される
    固定金利を呼んだ場合は、金利が上がっても、受け取ってることができる権利はそのままとなる

といったところでしょうか。

何もせずにお金が入ってくる方法を探している人には、国にお金を貸してその権利を得ると言う方法はとてもお勧めです。なら、リスクがとても低いから。

ビジネスとか、投資などは、大金を得る可能性がありますが、その分リスクも高いですよね。そういったチャレンジ精神旺盛な人は、ぜひ、リスクを取ってでも、ハイリターンを狙ってほしいと思います。

しかし、特に大金を稼がなくてはいけないと言う切羽詰まっている状態でないのなら、安全な方法でお金を増やすことを検討した方がいいかもしれませんね。やはり堅実さが1番です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする