不労所得の種類はいろいろある:あなたも何もせずにお金儲けできる

スポンサーリンク

不労所得の種類はいろいろある

働かずにお金を得ることができる方法に、不労所得の方法が不労所得と言う方法がありますね。

生活費以外に毎月好きなように使える収入があるといいですよね。不労所得は全く何もしないで収入を定期的にいられると言う事ですが、不労所得の手段を作るためにはある程度事前に準備する必要がありますね。

でも、一旦不労所得の道筋を作っておけば、後は何もしなくても、自動的にお金が入ってきます。

とは言え、そのような仕組みづくりには少し時間がかかるかもしれません。しかしそういった努力をした人こそ、長期間にわたって働かずにお金を得ることができるのです。

では、不労所得にはどのような種類があるでしょうか。

株式投資、投資信託

1つ目は、株式投資や、投資信託です。これはよく言う、株と言うやつです。

うまく投資すれば、持っている株の配当金や売却駅を得ることができます。昔からとても人気の高い方法で、株についてはたくさんの人が勉強していますし、株で一財産を築いた人もいるようです。

元手がたくさんある人は特にお勧めの方法です。さらに、企業に投資するわけですから、その企業が持っているサービスを、融資先して受けることもできますよね。いわゆる「株主優待」です。株主優待をを使って生活をしているといったような投資家の人もいます。

先物取引

次はこの取引は、企業ではなく、商品に投資をすると言う方法です。

不動産投資

不動産投資とは、自分が持っている土地や建物、誰かに貸してその家賃収入や、使用料を受けると言う方法です。

不動産投資は持っている土地や建物の規模によって収入は変わってくるようです。しかし、株などよりも、収入の規模は大きくなりがちです。月に1,000,000円とか3,000,000円とか、そういった利益を得ている人もたくさんいます。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分が持っているウェブサイトに、広告を貼って、その広告経由で商品が売れた際に一定の額のキャッシュバックをもらえるという仕組みです。

あなたにもし特定の知識があったり、文章を書くのが上手であれば、あなたの知識や体験をウェブサイトにたくさん書き、そこに広告を貼り付けておくのです。

そして読者がその広告経由でものを買えば、収入が入ります。趣味の一環で、自分の食べた物や、行った旅行先等の情報を書いて、それに関連する広告を貼り、莫大な収入を得ている人もいます。

ウェブサイトの形式は、ブログ形式の人もいますし、動画に投稿して、動画に広告を貼り付けていると言う人もいます。

印税収入

本を書いたり、作曲をしたり、作詞をしたりすることによって、その著作権に関連する収入を得るのが印税です。

発行される部数や、売り上げ額によって、入ってくる収入が異なってきます。しかし一旦作った商品がヒットすれば、それに並行して、印税もどんどん増えてくるという仕組みになります。物語を作るとかない人や、作曲ができる人、にはとても似た方法です。

著作権ビジネス

著作権のビジネスとは、例えば、オリジナルキャラクター等を作って、そのキャラクターに関連する収入を得ると言う方法です。

このキャラクターは、イラスト等もあれば、ロゴとか、キャラクターとか、いろいろなタイプがあります。そのキャラクターが、企業の広告などに使われたり、自治体のマスコットキャラクターなどに採用されれば、そのキャラクターに関連する商品、サービス、イベントに出たとしたら、そのイベントへの出演料がもらえると言うことです。

公的年金

不労所得の1つに、国から貰える収入と言うのもあります。その代表的なものが、公的年金です。ある程度の歳をとった人、障害がある人などは、国から年金がもらえることがあります。

このように、働かずにも、金儲けできる仕組みはいくつかあります。

一旦その仕組みを作れば、その収入が長く続くので、チャレンジされるのはいかがでしょうか。とは言え、不労所得の仕組みを作るには、結構忍耐力も入ります。不労所得を得る仕組みを作ることができるタイプの人は、以下のような人たちです。

1、努力ができる人勉強できる人

不労所得を得る仕組みと言うのは、ある種のビジネスです。こういったビジネスを作り上げられると言う人は、長期間の努力ができたり、そのビジネスに関連する知識を貪欲に勉強できる人です。そういった努力や勉強ができる人は、不労所得の仕組みを作るためにはとても有効だと思います。

目標意識を持てる人

なんとなく、働かずにお金が欲しいなぁと思っているだけでは、なかなかそれが実現しませんよね。

一方、何年後には不労所得を月にいくらぐらいもらいたい、といったように、明確に目標を持てる人は、それを実現するために必要なことをコツコツ続けることができます。

こういった具体的な目標をしっかり持つことができ、いつまでにどの程度達成させようと言う形で計画的に取り組める人は、不労所得を得る仕組みを作るのにはとても有利です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする