2018年09月一覧

月に30万円くらいなら不労所得を得るのは簡単かも

月に30万円くらいなら不労所得を得るのは簡単かも

もし毎月30万円以上のお金が、それほど苦労せずに入ってきたら、とても自由な時間が増えると思いませんか?

何もせずに金儲けができる目星がつけば、あなたの人生は今よりずっと余裕のる、良いものへと変化していくことでしょう。

毎月300,000円以上の不労所得を得ている人は、どのような方法で不労所得を得ているのでしょうか?

まず、不労所得を月に30万から50万くらい得ている人の多くは、不動産の賃貸業を営んでいるようです。

もしあなたも土地や建物を所有しているのであれば、そういったところを、不動産として誰かに貸すことによって、働かずにお金を手に入れることができますよね。

こういった不動産は、売ってしまうと思っている人もいると思います。

しかし、不動産は、得るよりも、誰かに貸した方が長期的に収益を得ることができます。

今は、会社員の人でも土地や建物を購入して、それを誰かに貸して、副収入を得ると言うサラリーマン大家さんみたいな人います。

それは、本業は会社員ですから昼間は仕事をしに行って、空いた時間に、不動産貸したりして副業として収入を得ると言う人たちのことをいいます。

もちろん、リスクもありますし軌道に乗るまでの時間を計るかもしれません。

不動産を貸すと言う事は、必ず借りる人がいるわけです。ですから、大家さんとして、借りている人たちを面倒見なければいけません。

副業で行っている人であれば、なかなか借りている人の面倒が見られず、途中で失敗する人もいるみたいです。

例えば賃貸アパートの大家さんをやり始めたとしても、変な住民がいて、住民同士のトラブルに巻き込まれてしまったり、家賃を滞納する人がいてその対応に疲れてしまったり。

いろんな人が住んでいますからその対応がうまくできないとそのままビジネスは失敗することにつながってしまいます。

特に、不動産を貸すビジネス場合は、借りてる人が、家賃や利用料払ってくれなくなると言うのが1番リスクでしょうか。

借りてる人が、給料がもらえていなかったり、借金をしていたり、そういったお金に余裕がない人ばかりだとそのまま家賃が滞納されて、せっかく不労所得を得ようとして貸しているのに、ただで貸しているような状態になってしまいます。

それでは、ただのボランティアですよね?

さらに、大谷さんをやっていると、借りる人が必要になります。

しかし今は少子高齢化ですから、入居できる人も減っているのです。多くの土地や家があっても、住む人がいないと借りる人がいない、そのビジネスは破綻します。

もちろん最近では多くの外国人が日本に滞在していますので、外国人相手に不動産賃貸業を運営して、多大な利益を上げている人もいるようです。

とはいえ、そういった方々は、その外国の方との母国でのコネがあったり、その人たちの母語が話せたり、といった特殊な能力がある場合が多いようです。

不動産の知識およびビジネスの才覚、語学力、と言った力がある人は、大成すると大金持ちになれますね。

不動産系のビジネスは、一旦軌道に乗れば、大きな収入が得られるので、ビジネスの才覚がある人や、不動産に詳しい人はお勧めの所得の方法だと思います。

ある程度元手ある人は、お金を海外に預ける

今日本の金利よりも、海外の金利の方が良い場合があります。もちろん国によって様々ですが、金利がたくさんつく国もありますから、元手がある方は海外口座にお金を預ける方法もあります。

さらに、投資もお金を得られる手段の1つです。

特に社会情勢に詳しい人や、ビジネスマンの方、社会現象などを詳しく知っている方は、有利といえます。

株式投資や、不動産投資なども良いですが、1番良いのはFXではないでしょうか。FXは、少ない金額から始めますが、うまく運用すれば月に1,000,000以上稼いでる人もいると言われています。

ただし、FXといえども投資ですから、やはり失敗した際は元金が保障されると言うわけではありません。FXは、元本保証がありませんので、運用失敗リスクと言うのは覚悟しておく必要があると思います。