2018年06月一覧

〇〇で将来に備えながらお金を増やすのは、ある種の不労所得

〇〇で将来に備えながらお金を増やすのは、ある種の不労所得

自分では何もしたくない、働きたくそんな場合はお金自身に働いてもらって、不労所得を得ると言う意識を持たなければいけません。

今もっているお金を上手に運用すれば、あなた自身が動かなくても、お金儲けすることができます。

その方法はいろいろありますが、将来の不安に備えながら、お金儲けができる方法があります。それは、保険商品を買うと言うことです。

他には様々な商品がありますね。例えば学資保険や医療保険、養老保険、個人年金保険などです。

将来の不安に備えながら、お金儲け

これらの保険商品は、もしあなたに何か病気が発覚したり、途中で働けなくなったときに、生活を保障してくれたり、一時金をもらうことができますよね。

こういった将来に備えて入っておく保険も使い方によってはお金を増やす方法になるのです。

保険の商品を購入して、それに付随したお金を得る方法には、満期になったらお金を受け取る方法と、解約したときにお金を受け取ると言う2つの方法があります。

保険の中には、払い込んだお金よりも、将来に受け取る保険金の方が多くなると言う商品があります。それは、例えば学資保険です。学資保険は、子供が生まれたら、その頃に加入しますよね。

そして大体、満期は、大学入学する年、17歳か18歳のはずです。

その頃になると払い込んだお金の、1割増しの金額が、満期保険金として降りてきます。

それは保険会社がその期間の間に、運用してそして運用したお金より私みたいな形で上乗せし、満期保険金にしているからです。

さらに、終身保険も貯蓄性のある保険です。ある程度の期間保険料を払っておけば、解約した時に戻ってくるお金は、今まで払い込んできた保険料よりも高くなります。

ですから、最近では学資保険よりも終身保険を利用する人も増えてきていると言われています。

また、満期を迎えた時に、死亡保険金と同じ額の満期保険金がもらえると言う保険もあります。それは養老保険です。

養老保険は加入するタイミングにもよりますが今まで払ってきた原料の1割増しくらいの満期保険金がもらえると言うケースもあります。

さらに、老後の費用として貯金しておこうと言う個人年金もありますよね。

これらの商品は自分が決めた満期の時期になると、その後毎年毎年、ある一定のお金を年金と言う形で受け取ることができます。

もちろん購入する時期は、払い込んだ期間、保険料の金額にもよりますが、場合によっては、払い込んできたお金の2割位多い金額を、保険金として受け取ることができる場合があります。

公的保険だけでは不安な人、厚生年金保険が少ない人などは、こういった商品を合わせて備えて行くといいかもしれませんよ。

不労所得にもなるし、将来の備えにもなりますね。

さらに終身保険は短い間に掛け金を全部払ってしまうと有利になることもあります。鍵を全部払っておいて、その後に解約すると、タイミングによっては、最初に入れた金額よりも4割ぐらい多く、解約返戻金をもらえることがあります。

払い込んだ後に一定年数が経ち、長い間預けておけば、解約払戻金も多くなります。ですから、今現在お金の余裕があって必要でないと言う人は、ずっと預けておくと良いかもしれません。

保険そのものの保証を受けながら、時間が経てば解約払戻金の金額が大きくなるわけですから。預けておくだけでお金が多くなると言うのは、まさに不労所得ですね。

保険で不労所得のメリットデメリット

メリットは、商品によって、量よりも多くの保険金が支払ってもらえること
終身保険は一括して払い込んでおくことで多くの解約払戻金をもらえると言う事

デメリット

選んだ商品によって満期の期間が違う。満期の期間が長いと、その間お金は、一樹っぱなしにしないといけない
終身保険を選んだ場合は解約してしまうと、その後は保険としての保証を受けることができなくなる

何もせずにお金を生み出した人にとって、保険と言う選択肢だと思います。

今はよくても、将来何が起こるかわかりませんよね。そんな時に保険と言うのはとても頼りになるものです。

何かあれば、生活費は、入院費等を保証してもらい、かつ、何もなければ保険料を運用してもらって後から解約払戻金なので今まで払ってきたお金よりも多くのお金をもらえる可能性があるわけですから。

保険と言うのは、あまり良いイメージを持っていない人も多いようですが、資産運用としては非常に堅実で、有効な手段だと思います。